本文へ移動

地方議員の活動

RSS(別ウィンドウで開きます) 

網走市議会第4定例会(12月議会) 松浦議員の一般質問概要No.1

2018-12-30
カテゴリ:網走市
 先月、松浦議員が行った「市政に関する市民アンケート」には、「国保料が高くて大変だ、何とかしてほしい」との声が多数寄せられています。北海道では滞納世帯は96000世帯で全加入者の12%(網走では約10%)を超えています。無保険になったり、正規の保険証を取り上げられるなど事態は深刻です。
 高すぎる国保料は、住民の暮らしを苦しめるだけでなく、国保制度の根幹を揺るがしています。日本共産党は、公費負担を1兆円増やして、仕組みを見直す中で、「協会けんぽ」並みに大幅に引き下げる政策を先月発表したところです。
一、国保料の負担軽減に向けて質問しました。
・松浦議員…「協会けんぽ」との違いは、事業者負担が無い事。そのために、国庫負担で国保制度を支えてきました。国保加入世帯の構成が違ってきているのではないか?
・市民環境部長…S60年では第一次産業従事者は24.2%が、H27年は14.8%になった。また国保被保険者に占める65歳以上(年金受給者)の割合は、H6年32.2%からH29年は63.6%となっている。
・松浦議員…国保加入者の構成が大きく変わっている。低所得者の割合が増加したことになる。と指摘しました。
・松浦議員…高すぎる国保料を解決するには、国庫負担を増額すべきだと思う。日本共産党以外に、国庫負担の増額を求めている団体はどこか。
・市民環境部長…2014年に全国知事会、全国市長会、全国町村会。H22年頃には都道府県議会から要望書、意見書が上がっている。
・松浦議員…市としても国に対して国庫負担の増額を求めるべきではないか。
・市民環境部長…市長会を通じて求めていく。
※自民党政権は、1984年の法改定で国保への定率国庫負担を削減し、抑制し続けています。
松浦議員は次に国保料が高い原因になっている「均等割」「平等割」「資産割」について質問しました。
・松浦議員…最大の要因は、国保特有の「均等割」と「平等割」があることだと言われている。当市では「資産割」を今でも徴収している。
・市民環境部長…「資産割」について段階的に削減し、3年後には廃止する、と答弁しました。
民報あばしり No.1200

制度の抜本改革で国保の改善 国の責任で社会的不公正の是正を

2018-12-23
カテゴリ:北見市
 日本共産党北見市議団は第4回定例市議会の代表質問で菊池豪一議員が、一般質問で熊谷裕議員が、国民健康保険の抜本的な制度改革の必要性、保険料や窓口負担の減免、資格証明書などについて質しました。
 
他の公的医療保険と著しい不公平
 協会けんぽなど、他の公的医療保険制度の加入者と比べ、国保の加入者は、所得は低いのに一番高い保険料を負担させられており、ここに国保の構造的な問題があり、著しい不公平があります。
 そして、「国保は助け合いの制度だから、保険料未納者は利用が制限されて当然」という理屈で滞納者からの保険証取り上げ、強権的な差し押さえが進められてきました。
 高すぎる保険料の問題は、住民の健康と暮らしを守る上でも解決すべき課題です。
 国民皆保険制度の重要な柱である国民健康保険制度の持続性を確保する、社会の公平・構成という面からも避けて通れない課題となっています。
 
国に抜本的な制度改革求める
 菊池議員は「国保加入者の多くは低所得層であり、高すぎる国保料が住民の暮らしを苦しめている」、さらに「400件以上の異常な資格証明書の発行、低所得者の減免が行われない減免制度、差し押さえの強行などが市民の痛みを広げている」として、2014年6月に全国知事会が国に提出した要望書(別掲)の趣旨と同様の内容で国に抜本的な制度改革を求めるよう市長に質しました。
 
安定的な運営に向け財政基盤の強化を
 市長は「国保は構造的な問題を抱えていると認識している」としたうえで、「今後も国の責任と負担で、低所得者に対する負担軽減策を拡充・強化するとともに、国保の安定的な運営に向け、さらなる財政基盤の強化について全国市長会などを通じ国に要望してまいりたい」と答えました。
 
社会保障にふさわしく減免制度広げよ
 熊谷議員は一般質問で保険料及び窓口一部負担金の減免について質しました。
 今、減免の対象になっているのは、病気や失業、災害などで一時的に所得が下がった人で、恒常的な低所得者は対象になっていません。
 熊谷議員は「一時的に困っている人は助けるが、ずっと困っている人は助けないでは、国保が社会保障としての役割を果たせない」として恒常的低所得者を減免の対象とすることを求めました。
 
資格証明書発行やめよ
 資格証明書について熊谷議員は、「『国保は支え合いの制度』と、ことさらに強調されているが、個人や相互扶助では対応できない問題に社会的に対応するという社会保障の役割からいって、資格証明書の発行はあり得ないし、あってはならない」として資格証明書をやめるべきと質し、特別な事情の有無が確認されない人への発行は直ちにやめるべきと求めました。
 
全国知事会が行った要望(趣旨)
 国民皆保険制度の最後の支え手である国保を将来にわたって持続可能なものにするためには『あるべき保険料水準』を議論した上で、極めて大きい被用者保険との保険料負担の格差をできる限り縮小するような、抜本的財政基盤の強化が必要。抜本的な制度改革を求める。
北見民報 No.1253

斜里町12月議会

2018-12-16
カテゴリ:斜里町
 斜里町議会12月定例会が、町長提案の補正予算、条例改正などの審議が行われています。
 12月12日は通告順に、9議員による一般質問が行われ、宮内議員は(子ども医療費の無料化の拡大)など6項目の一般質問をしました。
 
議員定数を1減
 13日の審議では議員定数を1削減する条例が議員提案され、記名投票の結果、賛成多数で可決されました。
 
福祉灯油の実施
 12月議会の補正予算で斜里町は、福祉灯油の実施が議決されました。
 
「辺野古埋め立て停止求める」意見書全会一致で採択
 議会の最終日の14日、安倍内閣による、沖縄県民の民意も法も無視しての強権をもつの辺野古埋め立て停止求める意見書が全会一致で採択されました。
赤旗にちよう通信 12月16日 2116号

松浦敏司議員の第4回定例会(12月議会)一般質問骨子

2018-12-16
カテゴリ:網走市
一、国民健康保険の抜本的改革について
二、水道法改正について
三、福祉灯油について
四、鱒浦4丁目法面崩落の今後の見通しについて
 松浦議員の質問は19日の午後になります。傍聴をお願いします。
民報あばしり 12月16日 No.1198

定例市議会代表質問 菊池議員、災害対策対応検証で質問次々

2018-12-16
カテゴリ:北見市
避難行動要支援者の避難個別計画の状況あきらかに
 北見市議会は、12日から本会議での代表質問、13日は一般質問が行われました。
 日本共産党の菊池豪一議員は代表質問で、九月六日の全戸停電から三ヵ月経過した中で、市が渡部副市長を議長とする「北見市大規模停電対応検証会議」を設置しての災害時の取り組みを検証している中で、市民からの声を示しながら九点余りについて市の対応を質しました。
 
市長は、北電の支店長と会い「安定した電力供給を」申し入れ
 菊池議員は「苫東厚真発電所が、震度六強の地震で破損停電にいたったが、震度五相当の基準で建設は問題であること。また、発電所の配置がブラックアウトを招いており、分散型になっていないのは人災だと申し入れるべき」と質したのに対し、辻市長は「北電の支店長が市に来られた際に、二度とこのような事態にならないよう話させてもらった」と答弁しました。
 
停電の復旧状況を、市民に知らせることができたのではないか
 更に菊池議員は、「一日目の早いうちに停電が復旧した地域と対照的に、二日目の遅くまで復旧しなかったところもあった。市民はどこが復旧しているのかもわからなかった。」他市のSNSの画面に復旧場所が写っていたことを指摘して、「復旧情報は出せたのではないか」、市は「北電が配置した連絡員を通じてしか情報はなかった。そういう情報は早い時期から出すよう要請すると答えました。
 
避難行動要支援者の個別計画はまだこれから!
 避難勧告や指示が出た場合、避難が困難な市民は、市の押さえで約一万二千人いることが明らかになり、またこのうち実際に個別計画まで進んでいるのは、約二千人程度に止まっていることもわかりました。
 個別計画までの流れは、市が名簿を把握して、本人に個別計画の希望を聞き、更に高齢者などが自らの情報を町内会などに知らせることを同意してはじめて、個別の計画に入っていきます。
 市は「今後においても、地域の避難支援関係者などの協力をいただきながら効果的な災害時の支援や、個別計画の充実に取り組んでいくとしています。
北見民報 12月16日 No.1252
 
 
日本共産党北見地区委員会
〒090-0036
北海道北見市幸町1丁目1-19
TEL 0157-25-5121
FAX 0157-61-7478
 
お問い合わせはこちら
TOPへ戻る