本文へ移動

党北見地区の活動

日本共産党北見地区での活動

RSS(別ウィンドウで開きます) 

暴走する安倍政権に審判を下し暮らしを守る市政へ!

2019-01-13
カテゴリ:網走市
NEW
 日本共産党網走市委員会が毎年続けている元旦宣伝を市内6箇所で行いました。
 松浦敏司市委員長は「昨年は全道停電という経験したことのない災害に伴う、人災ともいわれる停電を経験しました。これは安倍政権が国民が望んでいない原発に固執していることから生まれています。」と述べ「今年は野党と市民の共闘をしっかりつくり、安倍政権にきっぱり審判を下しましょう。市議会でも共産党の二つの議席を奪還するために全力をあげます」と新年の決意を表明しました。
 初めて元旦宣伝に参加した村椿敏章子育て・暮らし対策委員長は「私も子育て中です。子どもたちが平和のうちに暮らせるようにするためには、安倍暴走政治にきっちりと声を上げていかなければなりません。」と強調し、「子どもたちの未来を守るためともに頑張りましょう」と市民に呼びかけていました。
民報あばしり No.1201

日本共産党網走市委員会は来年の市会議員選挙予定候補を発表しました 2議席をめざし村椿敏章氏を擁立!

2018-12-23
カテゴリ:網走市
 日本共産党網走市委員会は、4年前に失った議席の回復をめざし、村椿敏章氏の擁立を決めました。村椿氏は55歳、12月17日で市役所を退職しました。
 松浦敏司市委員長(網走市議)は、「1人議員のため様々な困難がありました。2つの常任委員会の一つには参加できません。市民の声を十分届けることができていません。又、厳しい市の財政だからこそ、決算審査特別委員会で私達の税金の使われ方を審査することは、大変重要な議員の役割です。しかし、正式メンバーとして認められず、悔しい思いをしてきました」この4年間を話します。
 安倍自公政権が、権力と数の力で悪法を強行する中、今こそ国政にきっぱりと発言し、市民を守る防波堤の役割を果たす、日本共産党の2議席が必要です。
 「市政に関する市民アンケート」にも、個人ではどうすることもできない要望が、ぎっしり綴られています。今こそ政治の力が必要です。
 松浦敏司市委員長は「市民一人ひとりが大切にされる市政にするために、市民のみなさんと力を合わせて全力をあげて頑張ります」
 来春の市議会議員選挙の擁立記者会見は12月21日エコーセンター研修室で行われます。
民報あばしり No.1199

2019年新春のつどい 1月19日(土)に開催

2018-12-16
カテゴリ:北見市
 来年の「新春のつどい」は1月19日(土)に開催します。
 12月6日に第1回実行委員会を開催、つどい開催の意義・目的、実行委員会の体制を確認するとともに、1月19日午後1時30分から、市民会館小ホールで行うこと、200人以上の参加をめざすこと、参加費は1200円することなどを決めました。
  つどいの企画内容など具体的な準備はこれからですが、実行委員会ではみんなが楽しめる企画を用意し、統一地方選、参院選の年の幕開けにふさわしいものにしようと張り切っています。
 ぜひ、たくさんの方のご参加を!
北見民報 12月16日 No.1252
 

福祉灯油で市長へ要望 日本共産党北見地区委員会と市議団

2018-12-02
カテゴリ:北見市
 原油価格の高騰により、灯油価格が高値で推移する中で、日本共産党北見地区委員会と日本共産党北見市議団は11月28日、北見市に対し「福祉灯油の実施を求める」緊急要請を行いました。
 日本共産党北見地区委員会の菅原誠委員長と菊池豪一、熊谷裕、桜井由美子の三人の市議は①道の制度も活用し、北見市でも福井灯油を実施、対象に生活保護受給者も含めること、②道の地域づくり総合給付金の増額を求めること、国に対しても制度創設を求めること、③国、道を通じ、石油元売り会社に価格抑制を求めること、の三点について要請しました。
 対応した渡部真一副市長は「灯油価格の高騰で公共施設だけでなく、いろいろなところで影響が出ている」「規模の小さな町はすぐできるのだが」と述べ、福祉灯油の実施については明言しませんでした。
 また渡辺副市長は道の交付金については「もともと額が少ないので、増額は求めていきたい。国の制度創設についても求めていきたい」と答えました。
 元売りの価格抑制についても「国が安定供給のための努力をすべき。機会を見て要請する」と答えました。
 道内では灯油一㍑の価格が110円を超える地域も出るなど、およそ四年ぶりの高値に達していると報じられています。
 北見市でも、昨年12月から80円を超える高い水準で推移し、今年六月には90円を超え、11月には昨年同月比で21円余りも高い98・22円となりました。(消費モニター調査の結果)
北見民報 12月2日 No.1250

のんびりゆったり秋を楽しみました!

2018-10-21
カテゴリ:網走市
 日本共産党南後援会は、恒例の秋の散策を秋晴れの下で行いました。今年は、わが街のすばらしい景観を体験しようと、能取岬をめぐり、旧岬分校跡地を見て大曲湖畔園地で満開のひまわり畑を見ました。そして、目的の一つでもあるフォロックス公園に行って、雄大な景色を眺めながら昼食を食べてから「こくわ狩り」をゆっくり時間をかけて楽しみました。
 最後は、天都山の流氷館展望台に上っての眺めも天気に恵まれて、網走湖、能取湖をはじめ知床連山など360度素晴らしい景色でした。
民報あばしり 10月21日 No.1190
日本共産党北見地区委員会
〒090-0036
北海道北見市幸町1丁目1-19
TEL 0157-25-5121
FAX 0157-61-7478
 
お問い合わせはこちら
TOPへ戻る