本文へ移動

議員活動

各地の議会活動

RSS(別ウィンドウで開きます) 

子ども医療費助成の拡充求め市長へ陳情書 市民の署名1147筆を提出

2018-06-24
カテゴリ:北見市
 日本共産党北見市委員会は15日、辻市長に対し、子ども医療費助成の拡大を求める陳情書を提出しました。
 要請には、3人の市議会議員と党北見市委員2人が参加、市は辻市長が不在のため、渡部副市長が対応しました。
 陳情書では、子どもを持つ若い女性の声を紹介しながら、「子育て支援で、若い世代が安心して住み続けられる街にするためにも子ども医療費助成の対象年齢を一日も早く入院も通院も、中学校卒業まで拡大を」と求めています。
 市民のみなさんから寄せられた署名1147筆も一緒に提出しました。
 要請に対し渡部副市長は「子育て支援は市長の公約。子ども医療費は重要な課題と考えている」「周辺の街が中学卒業まで実施している中で、北見だけが遅れていいとは思っていない」と述べました。
 
北見民報NO1228

畠山和也キャラバン 網走入り

2018-06-24
カテゴリ:網走市
 来年の参院道選挙区予定候補の畠山和也氏は、16日からオホーツク管内にキャラバンで入り、紋別市で市議選の応援と「つどい」に参加しました。
 17日は、北見市後援会の青空まつりに参加して、午後から網走入りし、北後援会の「焼肉のつどい」の参加者にあいさつ、午後2時からシロシストセンチュウの調査で北浜地域の生食用馬鈴薯生産農家を松浦市議と訪問・調査しました。
 生産者から現状と生産・流通、保障などのあり方について、生食用馬鈴薯生産者としての苦悩が語られました。
 畠山氏は、みなさんの声を来月行われる日本共産党の「政府交渉」の場で、農水省の担当者に伝えたい。紙智子参院議員にも伝えたい。また、北海道の担当課にも聞き取りをして、みなさんの声を伝えたいと答えました。その後、美幌の後援会の「つどい」に参加のため網走を後にしました。
 
民報あばしりNO1174

放課後児童クラブ視察してきました

2018-06-17
カテゴリ:北見市
 北見市の子どもたちがどのように放課後を過ごしているのか?保護者からの要望はそうであるか?まず、東相内の児童館を視察しました。
 できたばかりの大変にきれいな児童館に大勢の子どもたちが元気に走っていました。
 図書コーナーの本が少ないかな?と思ったら、中央図書館の本を月替わりで読めるとのこと。安心しました。ドッジボールを楽しむ子は2年生でしたがすごい強いボールを投げていました。
 その翌日から、旭川、岩見沢、登別の児童クラブを視察してきました。
 どのクラブも子どもたちの元気な声が聞こえ、市がどのような考えで児童クラブを運営しているのか、それぞれに特徴があり興味深いものがありました。
 子どもの安全を守りながら豊かな放課後を作ろうとの努力を聞くことができたテーマを絞った視察となりました。
 
北見民報NO1227

新築の公営住宅(高栄西町)で「雨漏り!」 市民の通報!で市も確認

2018-06-17
カテゴリ:北見市
 新しく建設され、昨年市民が入居した高栄西町六丁目の市営住宅E団地で、12日「雨漏りが発生している」と入居者から市に通報があり、市として確認していました。
 雨漏りが発見されたのは、4階建て市営住宅の玄関の場所に「ひさし」として設置された部分です。
 日本共産党の菊池議員宅にも市民から13日朝に連絡があり、さっそく調査に向かう中で、雨漏り部の床には雑巾が敷かれ、大量とは言えませんが雨漏りとなったことが確認され、一階天井の金具の部分には雨漏りの水滴が残っていました。
 雨漏りの原因を市は明らかにしていませんが、ここ数日間の雨天降雨により、昨年の新築工事の際の不十分さが表れた結果ということができます。
 
ほかにも施工不良が発覚!
 また、菊池議員に対して入居者が話したことでは「正面玄関前のブロックが凍上して持ち上がり、多くの入居者がつまずくような事態になっていた」ことが話されました。
 状況を確認すると、現在は凍上は下がって平らになっているものの、玄関の左右の場所を見ると、ブロック全体が見えるほどに持ち上がり、相当な凍上による持ち上がりがあったことが確認されました。
 この凍上について、市建築課は、「同じ地域の他の建築工事では、同じような設計で工事を行って凍上は発生しなかった。どうしてこの場所だけこういう結果になったのか調査している」と語りました。
 菊池議員は、「本来、ブロックの下部の路盤を設計通りに実施するのは当然だが、その路盤のさらに下部の状態を確認して凍上を起こすような不良な路盤かどうかは、施工業者がその状態を確認して地盤の土砂を入れ替えるなど行うことを、市と相談するのが請負という責任施行のあり方です。市と相談したが、『その必要はない』との指示があったのかが問題です」と語っています。
 この他に、住民の方からは「駐車場の舗装が波打って、その前まで水が溜まっていた。また、駐車場の周りの縁石がガタガタになっていた。こんなひどい工事を市は許していたのか」との声も寄せられました。市は、十分に入居者から聞き取りを行って、工事業者とも協議して改善すべきです。
 
北見民報NO1227

第2回定例会(6月議会) 松浦敏司議員の一般質問概要

2018-06-17
カテゴリ:網走市
 ①全国で学校給食費の無料化が広がる中、学校給食の目的と憲法26条でいう「義務教育の無償」とすることについて、基本的なことを質問します。また、就学援助の状況や申請方法と食育基本法などからも学校給食費の無料化の必要性について質問します。
 ②パークゴルフ場の利用促進について、網走のパークゴルフ場のシーズン券は8500円となっています。しかし、近隣の市町ではシーズン券の料金が安く、さらに高齢者への割引のサービスもあり、利用者から利用料の見直しの要望が出ています。
 運動公園のパークゴルフ場のトイレが遠くて不便とのことで、簡易なトイレが欲しいとの要望があるため質問します。
 ③ジャガイモシロシストセンチュウについては、国のこの間の対応について及び生食用ジャガイモシロシストセンチュウ汚染地域での汚染地域の縮小についての3項目を質問します。質問の順番は10番目のため20日の午後になりそうです。
 
民報あばしりNO1173
日本共産党北見地区委員会
〒090-0036
北海道北見市幸町1丁目1-19
TEL 0157-25-5121
FAX 0157-61-7478
 
お問い合わせはこちら
TOPへ戻る