本文へ移動

市民運動

RSS(別ウィンドウで開きます) 

北見母親大会 「米軍が最も恐れた男 カメジロー」 多くの参加者の感動!大成功!

2018-09-16
カテゴリ:北見市
 9月5日、北見母親大会でカメジローの映画が上映されました。
 沖縄の伝説となった英雄、瀬長亀次郎国会議員が沖縄の返還までどのように住民に訴えたのか?映像、音声に残されたものを中心に映画となっています。
 「カメジロー1人の声は、50メートルしか届かない。しかし、ここにいるみんなで叫べば、那覇まで届く。沖縄の人、みんなが声を合わせれば、その声は本土まで届く」
 この気持ちで、沖縄返還までの長い道のりをリードしてきた人がいたのだ、と感動の渦が満ち溢れた大会となりました。
北見民報 9月16日 No.1239

勤医協、勤医労は介護で意見書案 利用回数制限は介護保険の理念に反する

2018-09-09
カテゴリ:北見市
 オホーツク勤医協(堺慎理事長)とオホーツク勤医労(古川太一委員長)が提出した意見書案では、「生活援助の回数の制限をするなら、在宅での生活が困難 になり、介護離職せざるを得ない労働者を増やす」として、「訪問介護における『生活援助』の提供回数制限の撤廃」を求めるとしています。
北見民報 9月9日 No.1238

新婦人が子ども医療費で議会へ陳情

2018-12-17
カテゴリ:北見市
 新日本婦人の会北見支部(永田美由紀支部長)は、北見市議会に「子ども医療費無料化拡充を求める陳情書」を提出しました。
 陳情では、「子どもの病気の早期発見・早期治療、治療の継続を支えるために医療費の心配をなくすことは、大きな子育て支援になる」として、「中学校卒業までの通院、入院の医療費を無料化に」と求めています。
北見民報 9月9日 No.1238

原水爆禁止2018年世界大会報告会開かれる

2018-09-02
カテゴリ:網走市
核兵器はなくすことはできると強く感じた!
 
 原水爆禁止世界大会報告会が8月29日(水)エコーセンターで開催されました。大会に参加した村椿敏章さんは今回が2回目となります。「30年前に参加したときとは違い、昨年国連で核兵器禁止条約が採択されるもとで、世界はどうなっているのか知りたかった」と大会参加のきっかけを話しました。
 世界大会には、北海道から北見網走の3名を含め142名が参加し、30代以下が84名にもなりました。海外から21ヶ国91名が参加しています。
 村椿さんは、自身が参加したフォーラム(分科会)でオーストリアやアイルランドの政府代表(それまで「核不拡散条約」を担当)が昨年国連で採択された核兵器禁止条約は『必ず批准される、なぜならこれまでの他の条約より批准される各国のスピードが速い』と述べているのを聞いて、「核兵器はなくすことができるんだ」と強く感じることができたとスライドを使いながら報告をしていました。また「この古い電車は、8月6日の原爆で被爆し、市民の手で3日後に動かした電車で、今も市内を走っている」の報告に参加者からおどろきの声が聞かれました。
 村椿さんは「被爆者と市民が一緒になり、「ヒバクシャ署名を広げ、核兵器禁止条約に賛成する政府をつくるためにこれからも頑張っていきたい」と話していました。
民報あばしり 9月2日 No.1183

改憲発議をさせないために 今こそ、力を合わせよう!

2018-09-02
カテゴリ:網走市
「9条改憲を許さない市民の会」アピールと署名行動
 
 安倍首相は、8月12日に自身を支持する長州「正論」懇話会で講演し、「つぎの国会へ自民党の憲法改正案を提出できるよう取りまとめを加速すべきだ」と、9条改憲に異常な執念を見せています。こうした中、6月23日に結成された、「9条改憲を許さない市民の会」は、結成後初めてとなるアピールと署名行動を行いました。
 駒場ショッピングタウン前の市道3・3・3通りに立ち、真新しい「市民の会」の横断幕を掲げリレートークしました。
 『先の戦争の反省の上に9条をつくった。9条に3項を書き加えれば、自衛隊は戦争のできる軍隊に生まれ変わる』と松浦市議。『毎年防衛費が増えている、安倍政権は防衛費をGDP(国民総生産)2%に増やそうとしている』と川原田市議。『国会発議をさせない為にコープさっぽろ店前で3000万人署名を行っています。多くのみなさんのご協力をお願いします』と鈴木事務局長などが訴えました。車の中から手を上げる人や、通りの向こうから手を振る若い人もいました。
 約1時間の署名行動で、24筆が寄せられました。「市民の会」では、引き続き憲法学習や署名行動を続け『9条改憲を許さない』の一点で、多くの市民のみなさんと力を合わせていくことにしています。
民報あばしり 9月2日 No.1183
日本共産党北見地区委員会
〒090-0036
北海道北見市幸町1丁目1-19
TEL 0157-25-5121
FAX 0157-61-7478
 
お問い合わせはこちら
TOPへ戻る