本文へ移動

市民運動

RSS(別ウィンドウで開きます) 

私は被爆2世であることを隠して生きてきました

2018-08-12
カテゴリ:北見市
平和を考える市民のつどい
 
 広島に原子爆弾が落とされてから73年目の8月6日、市民会館で40回目の「平和を考える市民のつどい」が開催されました。
 最初に、参加者全員による、追悼の献花を行い、核兵器廃絶・被爆者援護をめざす北見実行委員会の木村正寿委員長が「核兵器廃絶そして核兵器禁止条約の発効のためにも草の根の市民の運動をさらに広げましょう」とあいさつ。 
 新婦人有志による朗読、今年は峠三吉の行李から発見された詩6篇。情景が蘇るような切々とした朗読でした。
 「被爆二世として思うこと」と題して、旭川在住の松田ひとえさんの講演とシャンソンに聞き入りました。
 松田さんは、広島の原爆で、ともに伴侶を失った後知り合い再婚したご両親のもと、紋別で暮らしていたそうです。
 子ども心に被爆2世であることを知られると、いじめられるという気持ちが常にあり、ずっと隠してきましたが、5歳で被爆した札幌在住の叔母さんの影響で1年前から、ご両親のことを語り部として語るという、運動に参加するようになったそうです。
 ひとえさんのお父さんは、爆心地から33キロの地点で被爆。その時に自分の両親、妻、子ども全員を失いました。晩年はアルコール依存症となり、それでも広島に帰りたがっていたそうです。
 お母さんは、爆風で、ガラスが割れ、全身にガラスが突き刺さった父親を自身も負傷しながら看病し、晩年はいつも頭痛に悩まされ、子どもたちに影響が出ないか心配をしていたということです。
 シャンソン歌手である松田さん、イギリスで習ったモーリス・ファノン作「ヒロシマ」を初め、「ふる里」「百万本のバラ」「愛の賛歌」とうたってくださいました。
 心にしみいるようなお話でした。
北見民報 8月12日 No.1235
 

消費税10%への増税 来年10月は絶対に許せない

2018-08-12
カテゴリ:北見市
税金とは金持から貰えばいいのです
 
 北見民主商工会は五日、安倍自公政権が来年十月から現在八%の消費税を10%に引き上げると「閣議決定」したことを受け、改めて中小業者や弱い立場の方々にとって深刻な事態を引き起こしている消費税について、学習の機会を作るとの趣旨で、元静岡大学教授で税理士の湖東京至氏を講師に学習会を開催しました。
 湖東氏は、「消費税は預かり税だ」とされていることについて、「消費者は納税者ではない、物価としての金額支払っている。支払うのは、消費税の値上がりで売上げが伸びない事業者。10%に引き上れば中小事業者が更なる事業縮小や倒産に追い込まれる」と指摘しました。
 
売上げが減退する「消費税」に大企業は、なぜ反対しないのか?
 消費税が上げられれば、大企業や経団連などの組織であっても、中小事業者と同じように反対するはずです。ところが経団連も大企業も二〇%まで上げるべきなどと政府を煽っています。
 これについて湖東氏は「それは、大企業は輸出企業が殆どで、莫大な消費税還付金が国から転がり込むので黙っていて儲かるので反対しない」とし、この輸出補助金ともいえる還付金の特権がなくなれば、大企業は消費税増税に反対すると語っています。
 さらに「転がり込むこの還付金は、消費税のないアメリカ製品は日本で消費税を上乗せして販売するので高くなる。日本製品は還付金に加え、消費税の上乗せがないのでアメリカで安く売れる。貿易摩擦の原因になるので、カナダは消費税を引き下げている」とし、日本に対し今後大きな関税圧力の背景となることを示しました。
 大企業の還付金では、二〇一六年度では――
トヨタ  三二三一億円
日産   一一九〇億円
マツダ   六六二億円
本田技研  六一九億円
キャノン  六〇三億円
三菱自動車 五一二億円
村田製作所 三六〇億円
新日鉄住金 三一〇億円
ソニー   二四八億円
シャープ  二三四億円
日立製作所 二一一億円
パナソニック 一三一億円など。
北見民報 8月12日 No.1235

医療懇談会開催

2018-08-05
カテゴリ:網走市
 オホーツク勤労者医療協会網走「南友の会」の医療懇談会が、7月31日午前11時から原生牧場レストランで行いました。
 はじめに、黒沢専務からオホーツク勤医協の状況について報告があり、続いて研修医の田中崇倫(たかつぐ)医師から「食事と塩分」について、アルプスの少女ハイジのアニメを使って、減塩の食事のとり方についてお話しがありました。
 参加者からの質問にも丁寧に説明をしていました。毎年この時期に研修医を招いて「医療懇談会と懇親会」をしていますが、19名の参加で楽しくためになる医療懇談会になりました。
民報あばしり 8月5日 No.1180

73年目の夏、原爆写真展はじまる

2018-08-05
カテゴリ:北見市
 核兵器廃絶・被爆者援護を求める北見実行委員会主催の「原爆写真展」が一日から始まりました。
 例年通り、広島・長崎の被爆の実相を伝える写真・パネルが多数展示されています。
 また、核廃絶・核兵器禁止を求める世界の運動も紹介されています。
 さらに今年からの新たな企画として、戦前の日本軍国主義が朝鮮半島を支配し、人々を抑圧・迫害してきた事実を示す写真もたくさん掲示されています。
 日韓併合、創氏改名、物だけでなく人間も強権的に「徴用」、従軍慰安婦問題など戦前の日本が朝鮮半島で行ってきた野蛮な行為を厳しく告発するものです。
 写真展はNHKギャラリーで六日まで行われています。(最終日は午後二時頃までで終了)
北見民報 8月5日 No.1234

制度改善の声を大きく広げていこう 国保よくする会が総会と学習会開催

2018-08-05
カテゴリ:北見市
 北見市の国保をよくする会は、七月三十日に一八年度の定期総会を開催し、国保をめぐる状況と今日までの「よくする会」の運動の到達を確認するとともに、今年度の活動方針を決めました。
 活動方針では、国保行政改善を目指す取り組みとして、①保険料や一部負担金などの減免制度拡充、②短期証、資格証明書発行や差し押さえなど制裁行政の中止、③特定健診の無料化と項目の拡充などをもとめて、行政への要請・懇談を行っていくことにしました。
 また、制度学習の実施、「国保110番」等相談活動の強化、共同を広げ、国保・社会保障制度そのものの改善を目指す、ことなどを方針として決めました。
 佐々木泰会長、森田勇樹事務局長をはじめ新役員の選出も行われました。
 
制度と都道府県化学ぶ
 総会の第二部として学習会が行われ、市の「ミント出前講座」として国保医療課の職員に来てもらい「国保制度と都道府
県化」について学びました。
 また、オホーツク勤医協がこれから取り組もうとしている「無料低額診療制度」についての説明が行われました。
北見民報 8月5日 No.1234
日本共産党北見地区委員会
〒090-0036
北海道北見市幸町1丁目1-19
TEL 0157-25-5121
FAX 0157-61-7478
 
お問い合わせはこちら
TOPへ戻る