本文へ移動

市民運動

RSS(別ウィンドウで開きます) 

生活保護引き下げに「待った!」 ―北見生健会12人が不服審査請求―

2018-12-02
カテゴリ:北見市
 今年10月から生活保護の生活扶助基準の見直しが行われましたが、「基準見直しは不当」「扶助費が切り下げられたら暮らしていけない」と北見生活と健康を守る会の12人が不服審査請求を行いました。
 生活扶助基準の改定で、高齢者、若年層とも、夫婦世帯は若干の増額になるものの、単身者は一部の年代を除き切り下げとなる場合が多く、また子のいる世帯についても、中学生、高校生など、支出が増える世代を持つ世帯が切り下げになるなど、低所得者のくらしを直撃しています。
 北見では、基準見直しによって、増額になる世帯が3割、減額になる世帯が7割とみられています。
 今回は、9月下旬に行われた十月分の保護費の決定を行った北見市の処分を不服として、北海道知事あてに不服審査を求めるものです。
 11月22日、北見市役所を3人の請求人と北見生健会の大場ヨシ子会長ら4人が訪れ、12人分の審査請求書と生活実態を訴える「私の手記」などを提出しました。
 市は保健福祉部の遠藤次長、松田保護課長が対応し、「みなさんの思いについてしっかりと読ませていただき、間違いなく道に進達します」と述べました。
 
生活保護世帯の生活扶助費の増減 <北見市(3級地の1)の場合>
世帯類型 2018年9月 2018年10月 2018年9月との比較 2020年10月 2018年9月との比較
高齢者単身世帯(65歳) 67,310円 66,780円 ▲530円 65,710円 ▲1,600円
高齢者単身世帯(70歳) 62,960円 63,880円 920円 65,710円 2,750円
高齢者単身世帯(75歳) 62,960円 62,630円 ▲330円 61,970円 ▲990円
高齢夫婦世帯(65歳夫婦) 100,560円 102,230円 1,730円 105,760円 5,200円
高齢夫婦世帯(75歳夫婦) 92,860円 95,030円 2,170円 99,370円 6,510円
夫婦子1人世帯(30代夫婦・子3~5歳) 125,180円 126,450円 1,270円 128,970円 3,790円
夫婦子2人世帯(40代夫婦・中学生と小学生) 151,930円 149,940円 ▲1,990円 145,970円 ▲5,960円
母子世帯、子1人(30代親・小学生) 97,410円 100,770円 3,380円 107,490円 10,080円
母子世帯、子2人(40代親・中学生と小学生) 129,470円 129,580円 110円 129,800円 330円
母子世帯、子2人(40代親・高校生と中学生) 133,390円 132,620円 ▲770円 131,080円 ▲2,310円
若年単身世帯(50代) 67,630円 67,580円 ▲50円 67,470円 ▲180円
若年夫婦世帯(50代夫婦) 101,130円 103,670円 2,540円 108,770円 7,640円
北見民報 12月2日 No.1250 

9条改憲を国民は望んでいない!

2018-11-25
カテゴリ:網走市
 臨時国会で何とか「憲法審査会」を開催しようとして、憲法論議をしようと焦る安倍政権に、「ストップの会」は17日定例の街頭宣伝を行いました。また「9条改憲を許さない市民の会」は18日先月に続き、ショッピングモールの333通り前で強い寒さの中、道行く市民に「9条改憲ノーの声を」と呼びかけました。
民報あばしり 11月25日 No.1195

社会保障は街づくり 国保よくする会が講演会開催

2018-11-18
カテゴリ:北見市
 「北見市の国保をよくする会」は10月28日に「国保と社会保障を考える講演会」を開催し、よくする会加盟団体や市民など60人余りが参加しました。
 三重短期大学教授の長友薫輝氏が「国民健康保険と社会保障制度のゆくえ」と題して講演しました。
 
社会保障には経済波及効果、雇用誘発効果
 長友先生は三重県で社会福祉審議会委員など多くの公職で活躍し、国会で参考人として発言した経験などから、「社会保障の情勢を理解し、地域でできることを考え行動することが大事」と話をはじめ、「社会保障を考えることは街づくりそのもの、社会保障は無駄どころか経済への波及効果、雇用誘発効果がある」と語りました。
 
医療費抑制で国の支出は増える
 しかし、政府がこれまでいかにして国の負担を軽くするかという政策をとり、国保の国庫負担の減額、公的医療費の抑制をうながすための患者自己負担割合の増、病床の削減、在院日数の短縮などを行ってきたと指摘、「簡単に病院に行けなければ重症化し、医療費の抑制にはならない。医療を部分的に産業化、商品化することも考えているが、後々、国の支出が増えてく」と強調しました。
 
都道府県化で自治体を競わす
  国保の都道府県化について長友先生は、国保運営を都道府県に任せて自助の共同化を図り、自治体に医療費抑制を競わせるもの」と批判しました。
 
頑張らなくてもよい社会づくりを
 最後に長友先生は「計画や方針に住民を当てはめるのは本末転倒。社会保障とは私たちの心や体に頑張りを強要する社会とは逆の社会を作るというのが基本の考え方。がんばらなくてもよい社会づくりを。いろんな方々と共同してより良い制度になるようにしましょう」とよびかけて講演を結びました。
北見民報 11月18日 No.1248

子ども医療費無料化、年齢拡大を 生協店舗前で署名行動

2018-11-18
カテゴリ:北見市
 オホーツク管内では、多くの市町村が子どもたちの病院にかかる費用は入院、通院ともに義務教育期間中、無料となっています。
 北見市も子育て応援の立場に立って、今は、小学校入学前で終わっている通院の医療費を中学校卒業まで無料にしてほしいと、11月11日、年齢引き上げプロジェクトのメンバー17人がコープ三輪店前で、署名を呼びかけました。
 日曜の朝から多くの人が買い物に訪れ、横断幕を持ったりハンドマイクで呼びかけたり、署名版とともに一同、大奮闘!
 ハンドマイク頼みではダメで、直に声をかけるとみなさん快く応じてくださいます。
 「うちの子どもはもうでかくなって、今は東京だけど、北見の小さい子の役に立つのなら署名するよ」「私には七人、孫がいるの。めんこいよ。そうだね、これはいいことだよね」「え?北見はまだ?私、津別。みんな中学卒業まで無料じゃないんだ?驚いたね!」など、たくさんのお話ができ、この制度の重要性を話すとみなさんわかっていただけます。
 一時間の署名行動で、314筆の署名が集まり、参加したみなさん「よかったね!いっぱい集まったね!地域でも集まるね!」と、こちらも元気をもらう行動となりました。
北見民報 11月18日 No.1248
 

「国保と社会保障制度」の講演会開かれる

2018-11-04
カテゴリ:網走市
 「北見市の国保をよくする会」が主催して10月28日、北見市民会館で「国民健康保険と社会保障制度のゆくえ」と題して、長友薫輝(まさてる)津市立三重短期大学教授が講演しました。長友氏は公的医療費抑制の主な手法として◯受診抑制のため自己負担割合を増加させた。◯供給抑制として、病院・診療所の病床削減、入院日数の短縮化で患者を病院から早く追い出す。医師養成の抑制もされ、◯診療報酬も今年4月から介護報酬と同時改定された。また、◯長期療養状態にあってケアが必要な人を介護保険へ移行させた。
 国保の都道府県化によって市町村は加入者に対して賦課・徴収をして都道府県に「納付金」として納めるなど詳しく話されました。国は「入院から在宅へ」「医療から介護へ」と変えようとしている。しかし、かえって重症化してお金がかかると指摘し、安倍政権の社会保障費削減政策を厳しく批判しました。参加者は「パワーポイントを使ってのユーモアを交えてのお話しは分かりやすかった」と感想を述べていました。
民報あばしり 11月4日 No.1192
日本共産党北見地区委員会
〒090-0036
北海道北見市幸町1丁目1-19
TEL 0157-25-5121
FAX 0157-61-7478
 
お問い合わせはこちら
TOPへ戻る