本文へ移動

市民運動

市民の運動

RSS(別ウィンドウで開きます) 

9条改憲を許さない市民のつどい開催される

2018-04-22
カテゴリ:網走市
改憲を阻止する大きなうねりをつくるため5月中に仮称「9条改憲を許さない網走市民の会」を発足しよう
 市内で平和運動を進めている「網走9条の会」「平和の願いを網走から」「ストップ!戦争法網走の会」の呼びかけで、初めて「つどい」が開催されました。
 
 13日(金)午後6時30分、エコーセンターに「憲法9条は守りたい」と市民や労働組合員、組合OBなどおよそ40人が集まりました。「つどい」の呼びかけ人を代表して「ストップ!戦争法網走の会」代表の山本玲子さんは挨拶で「公文書改ざん、加計問題、日報隠しなど「安倍政権ここに極まれり」という状況ですが、安倍さんは9条改憲を諦めていません。「改憲阻止の大きなうねりをつくるため、一緒に行動していただけることを願います。」と挨拶しました。
 DVD「9条改憲って何」を視聴し、呼びかけ人の「平和の願いを網走から」の鈴木孝さんから【自民党の改憲をめぐる情勢】【憲法審査会、国民投票の問題点】などの報告があり討論に入りました。
 討論では「自民党の改憲案には反対と断りながら、対案を持つ必要があるのでは」。「社会的弱者をたたく社会にした安倍政権は許せない」。「国民投票が行われたら、心もとない状況だ、心を一つにして9条改憲を許さない一点でまとまることが必要だ」。「自衛隊に対する様々な意見があるが、改憲発議をさせないために、3000万署名に力を合わせるべきではないか」。「新日本婦人の会では3000万署名の目標を1000筆に決め、いま500筆に到達しました。署名やデモなど色々なところで国民の声を知らせることが必要ではないか」。など多彩な意見が出されました。
 討論の最後に「平和の願いを網走から」の鈴木孝さんは「皆さんの意見では9条改憲NOでは一致しているのではないか。今後は準備会を経て、5月中に「9条改憲を許さない網走市民の会(仮称)をつくる方向で皆さん頑張りましょう」と発言すると拍手で応えていました。「つどい」には日本共産党の松浦敏司市議、立憲民主党の川原田英世市議も参加し発言していました。
 
民報あばしりNo.1166(http://jcpasigi.web.fc2.com/180422.pdf
 

消費税増税は絶対に許さない! ~4.1怒りの宣伝行動

2018-04-08
カテゴリ:北見市
 消費税増税から29年目の4月1日、消費税廃止北見各界連絡会は、「怒りの4・1宣伝行動」をコープさっぽろ三輪店前で行いました。
 宣伝行動の参加者は、アベノミクスで「格差と貧困」をますます拡大し、森友問題などで国民の支持を失った政権が消費税増税を行うことは許されないとして、「消費税増税は延期ではなくキッパリ中止を」、「増税ストップのために大きな声を広げましょう」と呼びかけました。
 コープの2ヶ所の入り口で、買い物客が次々に署名に応じ、1時間の行動で202筆の署名が集まりました。
 
北見民報第1218号

革新懇の街宣にもそろって参加 憲法、平和で市民に訴え

2018-04-01
カテゴリ:北見市
 3人の新議員は、選挙結果報告の街宣のあと、革新懇の定例街宣にも参加しました。
 革新懇の街宣には35人が参加「憲法9条守れ」のボードを掲げながら、北見民商、オホーツク勤医協の代表がスピーチ。
 続いて、日本共産党の審議員が紹介され、熊谷、桜井、菊池の3議員が「憲法守れの声を市民の中に大きく広げていきましょう」と訴えました。
 行動参加者の有志から3議員へ花束が贈呈されました。
 
北見民報第1217号

安倍首相!国民をなめるな!

2018-03-25
カテゴリ:網走市
 月一回の定例宣伝を続けている「ストップ!戦争法網走の会」は17日、市内2ヶ所で市民に訴えかけました。
 全日本年金者組合の西田さんは財務省職員が、2人自殺したことを述べ「安倍首相に辞めてもらおうじゃありませんか。公文書改ざん、憲法違反の法律強行、さらに世界の宝『憲法9条』を変えるなど許されない!憲法を守らないものが改憲、改憲というのは、日本の恥だ!安倍首相!国民をなめるな!」と強く市民に訴えました。
 共産党の松浦市議は「文部科学省が、中学校の教育に介入するというとんでもないことが起こった」と厳しく告発し、「戦前国家が軍国主義的教育で子どもたちを戦場へと送り出した反省から、今の教育がある」と市民に訴えていました。

国際女性デー 網走集会開催される

2018-03-18
カテゴリ:網走市
 3・8国際女性デー「網走」が3月8日エコーセンターで開催されました。今年は、中学校卒業式当日に福島で震災、原発事故に遭遇した安達和叶さん(22才札幌市在住)の講演「生きる覚悟」でした。
 「原発事故後に福島に留まるのか避難するのか子どもたちが決断を迫られた。大人たちに押しつぶされそうになりながら『何が一番大切なの』と考え山形に避難した。」
 「子どもも、障がい者も、一人の人間として対等に対話することが大事ではないか」「自分が何をしたくて何がしたくないのか自分で自分の道を決めていく。生きる覚悟が必要だと思う。」と語る和叶さんに、参加者はうなづき、共感していました。
 参加した女性は「若いけど、色々と考えさせられるいい話だと思いました」と話していました。
日本共産党北見地区委員会
〒090-0036
北海道北見市幸町1丁目1-19
TEL 0157-25-5121
FAX 0157-61-7478
 
お問い合わせはこちら
TOPへ戻る